ARTIST

林 加奈子Kanako Hayashi

1981年、大阪府生まれ。ベルリン(ドイツ)在住。2013年東京芸術大学大学院先端芸術表現修了。幼少時の競泳とシンクロナイズドスイミングで学んだ水中での経験をもとに、写真、ビデオ、ドローイング、インスタレーションなどの作品制作を行なう。国内外の都市空間の中で、それぞれの場所の歴史や記憶を浮かび上がらせるような行為や仕掛けを展開。近年の活動に、「東京ビエンナーレ2020/2021」東京(2021)、演劇「餐桌上的神話學」 監督 Baboo Liao、國家戲劇院實驗劇場、台北、台湾 (2019)、「50 Jahre Künsthalle Bielefeld」ビーレフェルド美術館、ビーレフェルド、ドイツ (2018)、「水交渉」クンストラーハウス・ベタニエン、ベルリン、ドイツ(2017) https://kanakohayashi.studio/

  • 林 加奈子

OFFICAL PARTNER

倉庫街だった東京・天王洲アイルエリアを、アートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた活動が評価され、2018年に「モンブラン国際文化賞」を受賞した寺田倉庫・前社長の中野善壽がその賞金を活用し、2019年8月に地域や国境を越え、ボーダレスに、更に飛躍したビジョンを持つ「東方文化支援財団」を設立いたしました。
 「東方文化支援財団」は、1.文化をテーマにした国際カンファレンスの開催、2.普段スポットが当たる事が少ない、文化の下支えをしてくださっている方々への感謝を表す為のアワード運営、3.地域再生を意識した活動、4.産学連携によるアートの保存保管機能充実の為の活動、5.若手アーティストの作品買い上げ、価値創造の為の活動、6.東方文化圏における文化事業の支援、の6方面事業を展開しております。

https://www.m-ecf.com/

ページトップへ戻る