ARTIST

水川千春Chiharu Mizukawa

美術作家。1981年大阪府生まれ。2006年より、アートプロジェクトなど多数のレジデンスで滞在制作、国内外で展示多数。主な代表作として、海などの水と火をつかったあぶりだし絵の作品。自身の残り湯、温泉、雨、川など、各地で採取したその水をつけて筆で描き、描いている時は透明で目には見えないが、火で炙り出すことにより水の中の成分が焦げ出て、紙の上に絵が浮き出てくる「あぶりだし」の技法で描かれる。その他、残り湯でつくられる生のジュエリーシリーズなど。ライブであぶりだすパフォーマンスや、音楽や舞台とのコラボも行う。

  • 水川千春
  • 水川千春
  • 水川千春

OFFICAL PARTNER

倉庫街だった東京・天王洲アイルエリアを、アートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた活動が評価され、2018年に「モンブラン国際文化賞」を受賞した寺田倉庫・前社長の中野善壽がその賞金を活用し、2019年8月に地域や国境を越え、ボーダレスに、更に飛躍したビジョンを持つ「東方文化支援財団」を設立いたしました。
 「東方文化支援財団」は、1.文化をテーマにした国際カンファレンスの開催、2.普段スポットが当たる事が少ない、文化の下支えをしてくださっている方々への感謝を表す為のアワード運営、3.地域再生を意識した活動、4.産学連携によるアートの保存保管機能充実の為の活動、5.若手アーティストの作品買い上げ、価値創造の為の活動、6.東方文化圏における文化事業の支援、の6方面事業を展開しております。

https://www.m-ecf.com/

ページトップへ戻る