ARTIST

小金沢健人Takehito Koganezawa

1974年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後1999年に渡独、2017年までベルリンを拠点に活動する。「ドーナツの穴を手に入れるためにドーナツをつくる」という初期の作品から、近年の劇場空間を使ったインスタレーション/演出まで、一貫して空白や空虚との関わりがテーマとなっている。

メディアシティソウル(2000)、マニフェスタ、モントリオールビエンナーレ(共に2002)、シャルジャビエンナーレ(2003)、横浜トリエンナーレ(2004)、アジアンアートビエンナーレ(2009)、あいちトリエンナーレ(2010)、などの大型国際展の他、ICA(ロンドン、2001)、クイーンズミュージアム(NY、2001)、クンストハレ(ウィーン、2004)、ノイエナショナルギャラリー(ベルリン、2006)、サンパウロ現代美術館(2008)、ハウスコンストラクティブ(チューリッヒ、2009)、ハウスアムバルトゼー(ベルリン、2012)等欧米の展覧会に数多く参加。国内ではMIMOCA(2009)、スパイラル(2016)、KAAT(2019)での個展のほか、東京都現代美術館、金沢21世紀美術館などでも展覧会に参加している。

https://www.instagram.com/takehito_koganezawa/

  • 小金沢健人
  • 小金沢健人
  • 小金沢健人
  • 小金沢健人
  • 小金沢健人

OFFICAL PARTNER

倉庫街だった東京・天王洲アイルエリアを、アートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた活動が評価され、2018年に「モンブラン国際文化賞」を受賞した寺田倉庫・前社長の中野善壽がその賞金を活用し、2019年8月に地域や国境を越え、ボーダレスに、更に飛躍したビジョンを持つ「東方文化支援財団」を設立いたしました。
 「東方文化支援財団」は、1.文化をテーマにした国際カンファレンスの開催、2.普段スポットが当たる事が少ない、文化の下支えをしてくださっている方々への感謝を表す為のアワード運営、3.地域再生を意識した活動、4.産学連携によるアートの保存保管機能充実の為の活動、5.若手アーティストの作品買い上げ、価値創造の為の活動、6.東方文化圏における文化事業の支援、の6方面事業を展開しております。

https://www.m-ecf.com/

ページトップへ戻る