ARTIST

吉田山yoshidayamar

富山県うまれアルプス育ち、東京在住。

現在は散歩詩人としてフィールドワークを行い、その一環として展覧会企画やアートスペースの運営等、多面的な活動を展開中。2018年から「同路上性」をテーマに掲げるギャラリー&ショップFL田SHを渋谷区外苑前に立ち上げ、展示の企画と運営をおこなっていた。現在は場所を失ったFL田SHと共に都市を漂流し、各地で展覧会を企画している。また、パフォーマンスのコレクティブであるKCN (kitchen) のメンバーとしても活動している。

近年の主な活動としては、FLUSH-水に流せば- (EUKARYOTE,東京,2021)、個展「鱗が目」 (オンライン,2020)、「芸術競技」+「オープニングセレモニー」(FL田SH,東京,2020)、 展 覧会企画「インストールメンツ」 (投函形式,住所不定,2020)、KCNライブパフォーマンス 企画「台所革命 January revolution」(渋谷PARCO Gallery X,東京,2020) 等。

  • 吉田山
  • 吉田山
  • 吉田山
  • 吉田山

OFFICAL PARTNER

倉庫街だった東京・天王洲アイルエリアを、アートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた活動が評価され、2018年に「モンブラン国際文化賞」を受賞した寺田倉庫・前社長の中野善壽がその賞金を活用し、2019年8月に地域や国境を越え、ボーダレスに、更に飛躍したビジョンを持つ「東方文化支援財団」を設立いたしました。
 「東方文化支援財団」は、1.文化をテーマにした国際カンファレンスの開催、2.普段スポットが当たる事が少ない、文化の下支えをしてくださっている方々への感謝を表す為のアワード運営、3.地域再生を意識した活動、4.産学連携によるアートの保存保管機能充実の為の活動、5.若手アーティストの作品買い上げ、価値創造の為の活動、6.東方文化圏における文化事業の支援、の6方面事業を展開しております。

https://www.m-ecf.com/

ページトップへ戻る